【感想・ネタバレ】八雲さんは餌づけがしたい。 8巻

マンガ

またまた表紙の次のページのイラストです!!
今回も素敵ですね!!!

あえてどこにとは言いませんが、一箇所に目が吸い寄せられてしまいますww

8巻では遂に大和クン父が登場します。
これで家族全員コンプリート!!

家族ぐるみの付き合いになったんですが、最初は「餌づけ」っていう秘密な関係でしたね。
この秘密っぽい雰囲気は最後の方に戻ってくるんかな~(いや、戻ってはこなさそう)

「サンマ」が登場して秋らしさがでてきました。秋・冬は恋の季節なんで2人の関係がどうやってすすむのか楽しみです!!

引用:八雲さんは餌づけがしたい。/里見U 8巻 【スクエア・エニックス】

あらすじ

アパートにひとり暮らしする未亡人・八雲柊子の趣味。そ
れは隣部屋に住む高校球児・大和を、密かに”餌づけ”する事だった。

秋季大会が終わり、大和はもくもくと練習の日々。
そんな中、久しぶりの対外練習試合との事で、いつものように大和の大好物満載のお弁当を作って持っていった八雲さんだが…!? 

累計100万部突破! “餌づけ”ハートフルストーリー第8巻!

八雲さんは餌づけがしたい。 8巻/里見U スクエア・エニックス

基本情報

タイトル八雲さんは餌づけがしたい。
作者里見U
発売日2019年9月25日
収録第51膳~第57膳
連載ヤングガンガン(完結)
出版社スクエア・エニックス

「八雲さんは餌づけがしたい。」8巻の見どころ

八雲さんはサンママスター

秋といえばサンマですよね~
僕は基本的に塩焼きくらいしかしないんですが、サンマのトマトスパゲティ美味しそう^^

いつも落ち着いてる八雲さんがサンマでテンション変になってるのがおもしろいww

塩加減が 皮のパリ感 を左右する―――
 ご存じだったかしら ウフフ」

人って好きなものがあると元気になるもんだと改めて思いました^^

引用:八雲さんは餌づけがしたい。/里見U 8巻 第57膳【スクエア・エニックス】

やきもち?

お弁当を持って大和クンの練習試合を見に行った八雲さんはとんでもないものを目撃します。

大和くんのファン:修平ガールズからお弁当をもらっている姿です。

その姿を見て八雲さんは、弁当をチームメイトに渡して家に帰ってしまいます。

帰って1人で悶々としますが、「大和クンにおいしいって食べてほしかったな」とポロっと本音を呟きます。

恋とは違うかもですが、これも一種のやきもちかなって感じました。

引用:八雲さんは餌づけがしたい。/里見U 8巻 第54膳【スクエア・エニックス】

八雲さんの夜ごはん

八雲さんちの肉じゃが

八雲さんちの肉じゃがは「普通」のとはちょっと違います。

ポイントは2つ
●唐辛子を数本まるごと入れて牛肉を炒める
●豆腐と一緒に煮込む

肉じゃが・牛丼・すき焼き・肉豆腐の中間みたいなイメージみたい!!
色んな料理のいい所どりって素敵♪
また作ってみよ☆

引用:八雲さんは餌づけがしたい。/里見U 8巻 第52膳【スクエア・エニックス】

子どもが喜ぶキャラ弁

うさぎのお握り可愛い^^
顔が一つずつ違うのGOOD!!
耳は明太子入り卵焼きです。

僕の子ども頃はキャラ弁って概念がなかったけど作ってもらったら絶対に嬉しいです♪

八雲さんの弁当は彩りも素敵だし、食べる人のことを、凄く考えてるので見習いたい☆

引用:八雲さんは餌づけがしたい。/里見U 8巻 第56膳【スクエア・エニックス】

「八雲さんは餌づけがしたい。」を無料で読むには

ここまでブログを読んで頂いて「八雲さんは餌づけがしたい」に興味がでた人に朗報です!
最初の数話だったらスクエア・エニックスの「マンガ UP!」で読むことが可能です。
良かったらこちらを参考にしてください!!

まとめ

おススメ指数:54点

イラスト:★★★☆☆
ストーリー:★★★★☆
料理:★★☆☆☆

感想

自分の素直な気持ちは恥ずかしいけどちゃんと言おうって決めてる、そうしないと いつ言えなくなってしまうか分からない

大和クンにたいして思っていることを照れながらも伝えた真意は、大事な人はいつまでも一緒にいれないかもしれないって思いがあるからなんですね。

八雲さんは恋はしていないけど、大和クンの事を本当に大事に思っているのが分かりました。

大和クンに合鍵を渡し、季節と一緒にますます深まる2人の信頼関係。
引き続き見守りたいと凄く感じました!!!

引用:八雲さんは餌づけがしたい。/里見U 8巻 第55膳【スクエア・エニックス】

最後まで読んで頂いてありがとうございます。
面白いと思っていただけたら「ポチ」をお願いします。
ブログ書く励みになります♪

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました